早めのケアでいつも健康に

関節疾患の多くは比較的にゆっくりと症状が進行する慢性型のため、image「加齢」という理由で見過ごされてしまうこともあります。

しかしその結果、疾患の度合いが進んでしまうと、関節に強い痛みや熱が発生したり、

あるいは歩く・座る・ 立つといった基本的な動作が制限されてしまう事態になりかねません。

人工膝関節置換術は、主に変形性膝関節症や関節リウマチ等の関節疾患を治療する代表的な手術療法のひとつです。

人工膝関節置換術とは

人工膝関節置換術とは、変形性膝関節症や関節リウマチによって傷んで変形した膝関節の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。 人工関節は、関節の滑らかな動きを再現できるように...

詳しくはこちら

入院から退院まで

手術前 インフォームドコンセント 医師からインフォームドコンセントと呼ばれる術前説明があります。 入院と手術の準備 手術の前に、必要な検査を受けます。服用しているく...

詳しくはこちら

リハビリテーション基礎知識

リハビリテーションの目的 関節の安定を保つ役割を果たしている筋肉や腱は、動かさないとすぐに弱ってしまいます。 リハビリテーションを行うことによって、筋肉を強くし、また、術後の拘...

詳しくはこちら

合併症について

人工膝関節置換術を行った際に、まれに別の病気が起きることがあります。 これを合併症といいます。代表的な合併症には、以下のようなものがあります。 気になる症状が現れた場合には、すぐに...

詳しくはこちら

Q&Aコーナー

入院期間はどのくらいですか? 最小侵襲手術の場合は、手術後おおよそ1~2週間程度で退院することが可能です。 従来法の場合には、3週間程度です。 手術後...

詳しくはこちら

ホームエクササイズ

人工膝関節置換術を受けられた後、ご自宅に戻ってから実践できるホームエクササイズの一例をご紹介します。 ホームエクササイズは人工関節を支える周辺の筋肉を強化し、活動性の向上を目的と...

詳しくはこちら