人工膝関節置換術を受けられた後、ご自宅に戻ってから実践できるホームエクササイズの一例をご紹介します。
ホームエクササイズは人工関節を支える周辺の筋肉を強化し、活動性の向上を目的として行います。 どのエクササイズがご自分に適しているか、どのくらいの長さや回数で行うべきか、担当の医師または理学療法士にご相談ください。 また、新しい関節を保護するために、必ずイラストの通りに行うよう注意してください。 万一、トレーニング中に痛みや不快感があるときは、エクササイズを中止してください。

1ふくらはぎの筋力を鍛える

st01

エクササイズ
脚をまっすぐ伸ばし、腕は体の横にして仰向けに横たわり、おなかの筋肉(腹筋)に力を入れます。爪先を引いて、かかとを床に押し付けます。緊張させた状態を何秒間か続け、力を抜きます。

2伸筋を鍛える

st02

エクササイズ
脚をまっすぐ伸ばし、腕は体の横にして楽な姿勢で仰向けに横たわり、おなかの筋肉(腹筋)に力を入れます。膝の裏の窪みをマットに押し付けて、爪先を引きます。緊張させた状態をしばらく続け、力を抜きます。

3(立った状態で)かかとを床に押しつけて

st03

太ももの筋肉を伸ばすエクササイズ
両脚でまっすぐに立ちます。一歩前へ踏み出すような感じで、手術した脚を床から10cm 程度上げます。かかとを床につけ、膝をまっすぐに伸ばし、太ももの筋肉を緊張させます。この姿勢を何秒間か続け、力を抜きます。

4(立った状態で)膝関節を曲げる

st04

エクササイズ
椅子の背もたれを両手でつかみます。手術した脚を床から少し上げ、膝を前方に少し曲げます。この姿勢を何秒間か保ち、それから脚をゆっくりと元の位置に戻します。この時、膝は常に前方に向け、足をまっすぐに保つようにしましょう。

5(立った状態で)股関節を伸ばす

st05

エクササイズ
椅子の背もたれを両手でつかみます。健康な脚に体重をシフトします。手術した脚を、膝を伸ばした状態で後方にゆっくりと動かして、また体の中心に戻します。このエクササイズをする間は、上体をまっすぐに保ちましょう。

6股関節を曲げる

st06

エクササイズ
スライドするパッド(例えばタオル)を手術した脚の下に敷きます。かかとを臀部(おしり)の方向に引き寄せ、手術した脚を曲げます。爪先は上に向けます。この姿勢をしばらく続け、それから足を元の位置に戻します。

7おしりの筋肉(臀部筋)を

st07

鍛えるエクササイズ
脚を伸ばし、腕は体の横にして仰向けに横になります。おなかの筋肉(腹筋)に力を入れます。爪先を引いて、膝はまっすぐの状態に保ちます。おしりの筋肉(臀部筋)を何秒間か緊張させて、力を抜きます。

8ふくらはぎの筋肉の

st08

ストレッチ
片足を前にして立ち、両脚を肩幅に広げます。両足は爪先を前方に向けて、床にしっかりとつけます。後ろ脚を伸ばします。後ろ脚のふくらはぎの筋肉に緊張を感じるまで、体重をゆっくりと前脚にシフトします。上体と骨盤はまっすぐの状態で、わずかに前方に動かします。緊張させた状態を何秒間か続け、力を抜きます。このエクササイズは膝の裏にかかる負荷を減らします。

9(座った状態で)太ももの筋肉を鍛える

st09

エクササイズ
硬い椅子に背筋を伸ばして座り、肘掛で体を支えます。足は肩幅に広げます。膝と足は前方に向けます。手術した脚を伸ばしてかかとをわずかに床に押し付けます。こうすると、太ももの筋肉が自然に緊張します。しばらくこの姿勢を続けて、脚を元の位置に戻します。

10膝関節と股関節を伸ばす

st10

エクササイズ
背中が反らないようにお腹の下に枕を置いて、うつむけに寝そべります。足を筒型の枕にのせて、爪先を床の方向に向けます。太ももを緊張させるように伸ばした脚を上げて、膝裏の窪みを天井の方向に動かします。この姿勢をしばらく保った後、力を抜いて、脚を筒型の枕まで戻します。

11膝関節を曲げる

st11

エクササイズ
腕と脚を伸ばしてうつむけに横になります。手術した脚の膝を出来るだけ曲げて、この姿勢をしばらく保ちます。脚を元の位置にゆっくり戻して、力を抜きます。

人工膝関節について

お気軽にお問い合わせください。0943-77-7251受付時間 9:00-17:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。